日常からウォーキングで肥満知らず

基本的に面倒くさがりで、運動するのが億劫な自分が、唯一できる健康法と言えば、ウォーキングでした。肥満解消のため始め、もうすでに10年以上続いているでしょうか。自分のウォーキングは別にシューズやトレーニングウエアを揃える必要はありません。会社や外出の行き帰りを公共交通機関を使わずに、なるべく歩くことなのです。

 

私の場合、前の会社時代、会社から自宅までの約6kmをやや速足で70分、9000歩ぐらいの運動量で始め、慣れてきたら往復に距離を増やしました。往復ですと約12km1万8000歩ですから、それなりの運動量になっていたと思います。家や会社に着く時は結構な汗をかいて疲労感もありますが、さわやかな気分になります。おそらく、脂肪もそれなりに燃焼していたのでしょう。これを週3回ぐらい、1年も続けていますと、ポッコリとしたお腹が、すっかりへこんでくれました。下半身が自然に鍛えられるので、腰痛の解消にも役立ってくれています。

 

ウォーキングをしていると、車や交通機関でスルーしていた、自分の住んでいる町の景色をゆっくり見ながら歩けるので新しい発見があります。コースを変えて歩くと、新しい世界が広がり、また新鮮な気持ちになります。これからウォーキングを始める人は、形からではなく、まず日常の歩行から工夫するのが良いのではないかと思います。

 

交通機関で目的場所のひとつ前の駅で降りて歩いてみる。駅2つ分を歩いてみるなど工夫して、少しずつ距離を伸ばしていきます。また、歩行中に、新しいお店や飲食店を見つけたら、そこで一息入れて、また歩き出すなど、自ら楽しみを見つけて歩けば長続きもすると思います。休みの時は公園などで森林浴をしながら土の上を歩くのも良いですね。

 

また、長時間歩く時は、途中で水分の補給も忘れずに。足に疲れや乳酸が溜まっていますから、自分なりに軽いストレッチを行い、太もも、ふくらはぎをさすって、筋肉をほぐしてあげて下さい。
100人いれば100通りのウォーキングがあります。これから始めようという皆様、よきウォーキングライフを送って下さい。