ふくらはぎを揉むだけの簡単健康法で元気な体を作る

私は産後体調不良が続き、
いろいろな健康法を試してたどり着いたのがこのふくらはぎ健康法でした。

 

私の場合、産後半年以上運動はもちろんのこと、
家事や病院にかかることすらできなくなり、色々な健康法を試したのですが
効果がを実感したのがのがふくらはぎを揉むことだけでした。

 

ふくらはぎ健康法は第二の心臓だと言われている
ふくらはぎを刺激することで体内の血流を良くし、体調を良くするというものでした。

 

初めは体に力が入らないので寝る前に拳でふくらはぎを押すだけでしたが、
効果はその日のうちに現れました。

 

10分ほど押しただけで今まで足が冷たくて寝付けなかったのが
少しましになったように感じたのです。

 

それからは急に劇的な変化を感じることはできませんでしたが、
少しずつ着実に私の体調は回復していきました。

 

驚いたのは今まで体に力が入りにくかったのが改善されたことです。
1か月経った頃には両手でふくらはぎを包むように力強く揉むことができました。
また今まで重たかった体も日に日に軽くなっていくのを感じました。

 

ふくらはぎを刺激するようになってから、
気が付いたのは体が温まりやすくなったことと、トイレの回数が増えたことです。

 

調子がよくなってくると足を揉むのを1日3回、朝起きてすぐ、
入浴中、就寝前と決めて行っていたのですが、
揉んだ後すぐにポカポカと体中が温まり、少し家事をしただけでも
冬だというのに寒さを感じなくなりました。

 

トイレも子育てに追われて1日3回ほどしか行かなかったのが
妊娠前と同じ7回ほどになりお通じも良くなりました。

 

また、出産してから免疫力が落ち毎月のように風邪をひいていたのですが、
これを始めてからは風邪や体調不良で寝ることが少なくなりました。
精神的にも前向きになり、子育ても楽しんで出来るようになりました。

 

産後一年半の今ではやっと妊娠前の調子に戻りつつありますが、
ふくらはぎを揉むのをさぼってしまったりすると
すぐにまた体調が悪くなることがあるので、私には欠かせない日課になっています。

 

最近ではお散歩でベビーカーを押して良く歩くように心がけているので、
さらにふくらはぎを良く使って血流促進をしています。

 

私のように体力のない人や高齢な方でも簡単にできるので、
体調不良を感じている方、健康を手軽に維持したい方にはおすすめの健康法です。