たくさん水を飲んで健康維持

人の体の6割は水分で構成されています。この事により、「水」という物質が如何に人間に取って大切なものであるかが容易に想像出来ます。水は人の体を維持していく為に必要不可欠です。よって、水を上手く付き合っていく事が、日頃の健康維持の為手段の一つと言えるでしょう。

 

人間には1日2Lの水が必要だと言われています。ですが、多くの場合はそれに満たない量の摂取に留まっています。それにより、「1日2L」を意識して飲む事が必要となります。

 

水を多く飲むという事は、体を維持する事だけでなく多くのメリットがあります。水を多く飲む事により、血液濃度が下がりサラサラの血液となり、代謝が向上しカロリー消費率が上がり「ダイエット」効果となります。さらに、体内に入った水分は体内を通る事になるのですが、それが結果的に体内の洗浄となります。体内が洗浄されれば、便秘の解消となり通じの面でも良い作用を引き起こします。加えて、体内に残された水分は汗となって体外へ排出されます。その際、汗と一緒に老廃物を体外に出す事により、デトックス効果を得られるのです。

 

このように、たかが「水を飲む」という行為ではありますが、その行為による体への影響は計り知れません。しかも、効果という面では水を多く飲み始めた「その日から」効果が現れるものもあります。継続すればなおさらです。「健康法」の手段としては、あらゆる方法の中で最も簡単なものだと言えるでしょう。

 

ただ問題点もあります。水であれば何でもいい訳でなく、さらにただたくさん飲めば良いという訳でもありません。出来れば水は常温、飲み方は小分けにする事が必要となります。キンキンに冷えた水は、血管を収縮させる作用がありかえって危険です。そして水をがぶ飲みする事は、体が水を吸収する効率の低下に繋がりますので意味がなくなってしまいます。

 

たかが水されど水。適切な水の飲み方をすれば、それだけで健康維持が出来る水こそ、もっとも上手く付き合うべきものの一つであると言えます。